感染拡大防止ガイドラインに沿って 営業時間短縮のお知らせ 大変ご不便をお掛け致しますが、お客様に安心してご利用頂く為に予防対策に取り組んで参ります。

オーデマピゲの定価と、換金率表。2020年版

2020.04.24
オーデマピゲ ロイヤルオークの定価と換金率

オーデマピゲ定価に対する換金率

オーデマピゲの定価に対する換金率の記事リリースから1年。相場の不安定な現在の換金率を反映いたしました。 オーデマピゲは、時計メーカーにおいて、創業者一族による経営が最も長いブランド。世界3大時計メーカーにも数えられる、由緒ある高級時計メーカーです。このオーデマピゲの時計にも定価に対する換金率が高い腕時計シリーズがあります。

すぐに、オーデマピゲの換金相談をしたいという方はこちらからどうぞ。

査定はこちら

10万円以上のご売却で、査定価格5,000円UP!

  • お電話はお気軽に!
    電話番号:0120-55-1430
  • WEB査定WEB査定
    LINE査定LINE査定
買取スタッフ
お気軽にお問合せ下さい

目次

ロイヤルオークの換金率が高い。定価に迫る買取価格

オーデマピゲにおいて、定価に対する換金率が全般で高いシリーズ、それはロイヤルオークです。1972年に登場し、オーデマピゲのアイコン的な存在として続くシリーズです。シリーズのもつストーリー性や、時計史に残るデザインなど愛好家に高い人気で、ロイヤルオークの定価に対する換金率は、多くの腕時計の中でも上位に位置します。

TIPS:ロイヤルオーク
1970年代、機械式時計メーカーに打撃を与えたクオーツショック直後、オーデマピゲより起死回生の一手として登場した腕時計がこのロイヤルオーク。鉄製、武骨な印象の外装で、高級時計のドレスコードに新たなジャンルを打ち立てたものの、時計愛好家からは批判をもって迎えられました。それまでの腕時計に無かった意匠は、時を経るにつれて愛好家の理解を得て、現在にまで至る成功を勝ち取ることとなります。デザインはジェラルドジェンタによるもの。 1993年には、エマニュエルゲイエのもと、新たな層の獲得のため、ロイヤルオークを再解釈したオフショアが誕生。オーデマピゲ内部では「ビースト」と揶揄され、ロイヤルオークの父ジェンタからも批判を受けたものの、時を経て人気を獲得していきます。

オーデマピゲ定価(2020年)と買取り価格を比較

このオーデマピゲのロイヤルオーク、そしてオフショアの定価と換金率をご紹介いたします。 '20年4月現在

ロイヤルオーク定価

型番(ref)15400ST.OO.1220ST.01 黒

15400ST.OO.1220ST.01 黒
  • 取引時期

    2019.2
  • 定価

    ¥1,944,000
  • 買取相場

    ~¥1,800,000
  • 換金率

    92.6%
  • 取引時期

    2020.4
  • 定価

    ¥2,035,000
  • 買取相場

    ~¥2,000,000
  • 換金率

    98.3%

型番(ref)15400ST.OO.1220ST.03 ブルー

15400ST.OO.1220ST.03 ブルー
  • 取引時期

    2019.2
  • 定価

    ¥1,944,000
  • 買取相場

    ~¥2,450,000
  • 換金率

    126.0%
  • 取引時期

    2020.4
  • 定価

    ¥2,035,000
  • 買取相場

    ~¥2,200,000
  • 換金率

    108.1%

型番(ref)15202ST.OO.1240ST.01エクストラシン

15202ST.OO.1240ST.01エクストラシン
  • 取引時期

    2019.2
  • 定価

    ¥2,592,000
  • 買取相場

    ~¥3,350,000
  • 換金率

    129.2%
  • 取引時期

    2020.4
  • 定価

    ¥2,970,000
  • 買取相場

    ~¥3,300,000
  • 換金率

    111.1%

型番(ref)15450SR.OO.1256SR.01

15450SR.OO.1256SR.01
  • 取引時期

    2019.2
  • 定価

    ¥2,592,000
  • 買取相場

    ~¥1,900,000
  • 換金率

    73.3%
  • 取引時期

    2020.4
  • 定価

    ¥2,750,000
  • 買取相場

    ~¥1,600,000
  • 換金率

    58.2%

型番(ref)26320ST.OO.1220ST.01

26320ST.OO.1220ST.01
  • 取引時期

    2019.2
  • 定価

    ¥2,592,000
  • 買取相場

    ~¥2,050,000
  • 換金率

    79.1%
  • 取引時期

    2020.4
  • 定価

    ¥2,805,000
  • 買取相場

    ~¥2,100,000
  • 換金率

    74.9%

型番(ref)26331ST.OO.1220ST.02

26331ST.OO.1220ST.02
  • 取引時期

    2019.2
  • 定価

    ¥2,592,000
  • 買取相場

    ~¥2,300,000
  • 換金率

    88.7%
  • 取引時期

    2020.4
  • 定価

    ¥3,080,000
  • 買取相場

    ~¥2,400,000
  • 換金率

    77.9%

ロイヤルオーク オフショア定価

型番(ref)26401RO.OO.A002CA.02

26401RO.OO.A002CA.02
  • 取引時期

    2019.2
  • 定価

    ¥5,184,000
  • 買取相場

    ~¥4,500,000
  • 換金率

    86.8%
  • 取引時期

    2020.4
  • 定価

    ¥5,280,000
  • 買取相場

    ~¥3,000,000
  • 換金率

    56.8%

型番(ref)26400AU.OO.A002CA.01

26400AU.OO.A002CA.01
  • 取引時期

    2019.2
  • 定価

    ¥3,942,000
  • 買取相場

    ~¥2,600,000
  • 換金率

    66.0%
  • 取引時期

    2020.4
  • 定価

    ¥4,015,000
  • 買取相場

    ~¥2,000,000
  • 換金率

    49.8%

ロイヤルオークの換金率は

ロイヤルオークの定価に対する換金率を見ると、ロイヤルオーク エクストラシン 15202ST.OO.1240ST.01が111.1%で最も高額となっています。ロイヤルオーク エクストラシン 15202ST.OO.1240ST.01は、シリーズ誕生40周年を記念して、ファーストモデルのロイヤルオーク5402STを再現したモデル。人気が高く流通量も多くありません。他にスチール製でシンプルな15400ST.OO.1220ST.03、15400ST.OO.1220ST.01が高い換金率となっています。 逆に定価の高いコンビや、クロノグラフ、そしてオフショアなどは、換金率が低い傾向にあります。

前者の換金率が高い要因は、まず高価な素材・特殊機構のモデルは定価が割高であること、またスチール素材、且つシンプルなモデルの方が着用できるシーンが多く人気であることが挙げられます。またここ1年ほどはシャツの袖に収まるほ程の時計の人気が高まっていました。特にロイヤルオーク エクストラシンは、ファーストのスタイルに忠実・近いといった点で、愛好家にも求められるモデルとなっています。流通量が少なく、それも価値を更にあげる要因となっているのではないでしょうか。

一方のオフショアの下降要因については、今の市況が反映されている事と前述のように、薄型が保持され、大型の時計が手放されているといったことが要因と考えられます。

ロイヤルオークの定価に対する買取り価格(換金率)をご紹介いたしましたが、現状、時計全体で相場が下がっている中で、ロイヤルオークの買取相場は“底堅い”という印象です。「ここで一旦ロイヤルオークを売りたい・換金したい」とお考えでしたら、是非アンティグランデにご相談ください。できる限りの高額買取をさせていただきます!

査定はこちら

10万円以上のご売却で、査定価格5,000円UP!

  • お電話はお気軽に!
    電話番号:0120-55-1430
  • WEB査定WEB査定
    LINE査定LINE査定
買取スタッフ
お気軽にお問合せ下さい