パネライの定価と、換金率表。2019年版

2019.9.12
パネライの定価と、換金率表。2019年版

最近では、ブランド時計全般で、買取相場が下降傾向にあり、パネライにおいても売り時を探っている方は多いのではないでしょうか? そこで今回は、パネライをテーマに定価と、現在の換金率をご紹介いたします。

目次

パネライの人気

90年代のデカ厚ブームで人気が過熱したパネライですが、現在はその熱気も落ち着きました。最近では女性誌でも見かけるなど、ミリタリー好き・時計愛好家以外からの注目をも集めだしています。

TIPS:パネライについて
パネライは1860年に誕生。イタリア海軍への軍事用計器の納入を行う中で、現在のラジオミール・ルミノールのルーツとなる時計が誕生しました。
パネライの計器は軍事機密に属していたため、1980年代の終わりまで一般に知られることは無く、一般に発売されるようになったのは1990年代に入ってからでした。
その後まもなく時計業界には、パネライを筆頭としたデカ厚時計ブームが到来。パネライはより知名度を高めていきました。

パネライの中古市場での価値は?

さて、デカ厚ブームを経たパネライですが、他のブランド比較をして、中古市場での時計の価値、リセールバリューはどれほどなのでしょうか?

パネライの時計を一部ピックアップし、定価と現在の換金率をまとめましたのでご覧ください。

パネライ定価(2019年9月)と買取価格を比較

パネライ ルミノール定価

PAM001312

パネライ ルミノールマリーナ PAM001312
  • 取引時期

    2019.9
  • 定価

    ¥928,000
  • 買取相場

    ¥480,000
  • 換金率

    52%

PAM01523

パネライ ルミノール PAM01523
  • 取引時期

    2019.9
  • 定価

    ¥907,200
  • 買取相場

    ¥400,000
  • 換金率

    44%

PAM00723

パネライ ルミノール PAM00723
  • 取引時期

    2019.9
  • 定価

    ¥1,004,400
  • 買取相場

    ¥520,000
  • 換金率

    52%

PAM00423

パネライ ルミノール PAM00423
  • 取引時期

    2019.9
  • 定価

    ¥1,155,600
  • 買取相場

    ¥460,000
  • 換金率

    40%

PAM00525

パネライ ルミノール PAM00525
  • 取引時期

    2019.9
  • 定価

    ¥3,218,400
  • 買取相場

    ¥1,500,000
  • 換金率

    47%

PAM00796

パネライ ルミノール PAM00796
  • 取引時期

    2019.9
  • 定価

    ¥820,800
  • 買取相場

    ¥550,000
  • 換金率

    67%

PAM00590

パネライ ルミノール PAM00590
  • 取引時期

    2019.9
  • 定価

    ¥777,600
  • 買取相場

    ¥400,000
  • 換金率

    51%

PAM00563

パネライ ルミノール PAM00563
  • 取引時期

    2019.9
  • 定価

    ¥777,600
  • 買取相場

    ¥380,000
  • 換金率

    49%

PAM00670

パネライ ルミノール PAM00670
  • 取引時期

    2019.9
  • 定価

    ¥2,581,200
  • 買取相場

    ¥1,000,000
  • 換金率

    39%

PAM00774

パネライ ルミノール PAM00774
  • 取引時期

    2019.9
  • 定価

    ¥594,000
  • 買取相場

    ¥320,000
  • 換金率

    54%

パネライのリセールバリューは

いかがでしたでしょうか? 過去に様々なブランドの換金率をご紹介してきましたが、今回ご紹介したパネライで見ると、換金率は50%ほどと、オメガやカルティエなどに近い結果となりました

関連記事:ブランド時計の定価と換金率に関する記事など

加えて、先のオメガやカルティエでは、古いレディースやクオーツなどは、換金率が50%を大幅に下回る時計があります。しかし、パネライでは古いモデルに遡っても換金率が大幅に下がるモデルは、そうそうありません。

前述の通り過度な人気は落ち着きましたが、パネライは、女性ファンが増えたり、ミリタリー好きや時計ファンには外せないブランド。中古市場では需要が絶えず流行り廃りを超えて、「定番」として定着している感があります。

パネライの売り時は?

時計の質に加えて、印象的な歴史背景、一目でわかる意匠など、リセールバリューの高い時計に共通するポイントをもっており、今後も相場が大きく下落する可能性は低いという印象があります。

ブランド時計全般で、買取相場は下降傾向にありますが、中長期的に見て、パネライの相場はまだ高いと言えます。

パネライは今が売り時!ご売却、買い替えをご検討でしたら、ぜひアンティグランデにご相談ください。 お問合せお待ちいたしております!