臨時休業のお知らせ 誠に勝手ではございますがアンティグランデは、当面の間お休みをいただきます。
到着済みの、問合せ・お時計につきましては順次対応をさせて頂いております。

詳細はこちら

パネライ ルミノールマリーナ PAM00113 買取

ルミノールマリーナ PAM00113の買取りやモデルの解説。

ARCHIVE NOTE
  • ルミノールマリーナ PAM00113 写真NO:1
  • ルミノールマリーナ PAM00113 写真NO:2
  • ルミノールマリーナ PAM00113 写真NO:3
場所
大阪府
ブランド
パネライ
モデル
ルミノール
型番
PAM00113
付属品
箱、保証書
買取価格

2002年登場、パネライルミノールマリーナ PAM00113の買取をいたしました。


ホワイトのダイヤルと、9時位置のスモールセコンドが特徴的で、また視認性の高さはミリタリー色の強いパネライならではです。300M防水を実現しながら、裏蓋はシースルー仕様となっており、Cal.OP.XIが顔をのぞかせます。実用性と所有欲を満たす1本ではないでしょうか。ルミノールマリーナ PAM00113は、状態も良く、付属品もすべてお持ちいただきましたので当初の仮査定上限価格で買取価格をご提示しご売却いただきました。

パネライ ルミノールとは


20世紀初頭から軍需産業用の計器を主に開発していたパネライ。1938年にはイタリア海軍からの依頼で独自の夜光を用いた腕時計ラジオミールを開発し、パネライの本格的な腕時計開発の歴史がはじまりました。1949年になるとラジオミールに代わり、新たに開発したルミノール夜光をインデックスに用いて、更にワイヤーループに代わって頑丈なラグとブリッジ型のリューズプロテクターを備えた時計を開発しました。これが現在パネライの主力モデルである「ルミノール」シリーズです。時計開発から半世紀に渡り軍事機密とされており、それからパネライの名が公になったのは1993年でした。このとき発表した民間用腕時計の一つに「ルミノール」が加えられていました。

ルミノールマリーナ PAM00113の概算買取り価格を聞いてみませんか?


当店のお出しできる上限買取り価格を確認いただくことが可能です。以下のライン査定、お電話、ネット査定とお好きな方法でお問合せください。スタッフよりルミノールマリーナ等、お時計の査定価格をお伝えさせていただきます。
買取スタッフ
お気軽にお問合せ下さい