時計の販売をスタート
感染拡大防止に関する取り組みについて 大変ご不便をお掛け致しますが、当面は上記の営業日時にて運営してまいります。

パネライ ラジオミール アッチャイオ  PAM00687 買取

ラジオミール アッチャイオ  PAM00687の買取りやモデルの解説。

ARCHIVE NOTE
  • ラジオミール アッチャイオ  PAM00687 写真NO:1
  • ラジオミール アッチャイオ  PAM00687 写真NO:2
  • ラジオミール アッチャイオ  PAM00687 写真NO:3
場所
東京都
ブランド
パネライ
モデル
ラジオミール
型番
PAM00687
付属品
保証書、箱、説明書
買取価格

パネライ ラジオミール Ref.PAM00687について


2017年に登場した、パネライ(PANERAI)ラジオミール アッチャイオ Ref.PAM00687。アッチャイオは、鋼鉄を意味します。 外観の特徴は、12角形に「OFFICINE PANERAI BREVETTATO」(パネライ特許取得)と刻印されたベゼルと、経年変化を表現したようなブラウンダイヤルです。

パネライ曰く、モチーフは、イタリア王立海軍に初めて納入されたref.3646のプロトタイプ。
イタリア王立海軍へのプレゼンテーション用に作成された腕時計である事が公式に言及されています。しかし、オークションなどで見られるラジオミール ref.3646には、12角形ベゼルは見られておらず定かではありません。

搭載機械は、3デイズパワーリザーブの自社製手巻きムーブメントcal.P.3000。 シースルーの裏蓋からはパネライ製ムーブメントの動きを観ることができます。世界限定1000本モデル。

ラジオミールについて


パネライは、20世紀の初頭からイタリア海軍に計器を納入していました。その中で1930年あたりから腕時計の製造が始まります。最初の腕時計と知られるのが、現在ラジオミールとして親しまれているタイプの腕時計。暗い懐中で時刻を視認できるよう、大きなインデックスと夜光塗料が最大の特徴です。

“ラジオミール”とは、パネライが特許を取得した蛍光物質を指します。他方で、初期の腕時計の設計はロレックスによるもので、機械はコルテベールから供給を受けていた事が知られています。
こうした時代背景を語るref.3646など、ヴィンテージのパネライは、高額な値段で取引が行われています。


ラジオミール Ref.PAM00687買取について


パネライ ラジオミールRef.PAM00687の買取依頼をいただきました。お客様は、ほとんど着用していらっしゃらなかったという事で、目立つケースの傷や、ストラップの劣化は見られませんでした。付属品も全てお持ちいただきましたので、お電話の際にお伝えしていました買取価格をご呈示でき、ご売却いただく事ができました。

この度はパネライをご売却いただきありがとうございます。

ラジオミール アッチャイオ  PAM00687の概算買取り価格を聞いてみませんか?


当店のお出しできる上限買取り価格を確認いただくことが可能です。以下のライン査定、お電話、ネット査定とお好きな方法でお問合せください。スタッフよりラジオミール アッチャイオ 等、お時計の査定価格をお伝えさせていただきます。
査定はこちら
  • お電話はお気軽に!
    電話番号:0120-55-1430
  • WEB受付は24時間いつでもOK
    WEB査定WEB査定
    LINE査定LINE査定
買取スタッフ
お気軽にお問合せ下さい