時計買取 申し込み
お時計の買取について その時々の在庫状況等により買取りができない腕時計がございます。特にご来店の場合は事前にお電話にてご相談下さいませ。

カルティエ トーチュ 10712 “paris” 買取

トーチュ 10712 “paris”の買取りやモデルの解説。

ARCHIVE NOTE
  • トーチュ 10712 “paris” 写真NO:1
  • トーチュ 10712 “paris” 写真NO:2
  • トーチュ 10712 “paris” 写真NO:3
更新日/ 場所
/ 神奈川県
ブランド
カルティエ
モデル
トーチュ
型番
10712 “paris”
付属品
メーカー修理明細
買取価格
750,000

カルティエ トーチュ “paris”10712買取について


カルティエ トーチュ “paris”10712買取のご依頼をいただきました。
メーカーでのメンテナンスを済ませたばかりという事で、良好なコンディションでした。
修理コストもなるべく加味し、カルティエ トーチュ “paris”10712の買取価格をご提示いたしました。お客様はご自宅近くの買取店より大幅に高かったとの事で、売却いただくことができました。

金無垢モデルは地金ベースで買取を行われる場合がありますが、こちらのカルティエ トーチュに関しては、地金価格を大幅に超えた買取価格のご提示が可能です。 お気軽にお問合せくださいませ。

トーチュ “paris”10712とは


トーチュ “paris”10712は、1980年代に製造されたと推測されるトーチュ派生モデルの一つです。6時の位置に「paris」とレタリングされたダイヤルのモデルは、個体数が少なく、近年ますます人気が高まっています。1970年代後半から、ヴェルメイユなどをケースに使用した廉価モデルのマストタンク が登場しています。この年式の「paris」ダイヤルは、共通して金無垢ケースが使用されており、ハイエンドモデルとしての棲み分けということでしょうか。
ムーブメントは、Peseux 7001にジュネーヴコートを施したcal.107が搭載されています。

現行モデルでは金無垢、複雑機構であってもレタリングはswissに統一されていますが、cpcpコレクション においてのみ「paris」とレタリングされます。

カルティエ トーチュ とは


懐中時計から腕時計への移行が進んだのは20世紀初頭でした。その中で、ルイカルティエ は様々な腕時計のデザインを試みました。その中のひとつが1912年に登場した「トーチュ 」です。フランス語で「亀」を意味します。

壊れたトーチュや、パーツ買取りもいたしております


壊れてしまったトーチュや、パーツの買取りも行っております。状態がひどい場合は査定ができない場合もありますが、まずはお気軽にお声がけください。
壊れた時計の買取りについて

トーチュ 10712 “paris”の概算買取り価格を聞いてみませんか?


当店のお出しできる上限買取り価格を確認いただくことが可能です。以下のライン査定、お電話、ネット査定とお好きな方法でお問合せください。スタッフよりトーチュ等、お時計の査定価格をお伝えさせていただきます。
著者
加藤浩二
プロフィール
時計買取専門店アンティグランデのスタッフ、加藤です。時計買取の注意点や、後々売る際に大切な事、時計の魅力など、お客様のお役にたてる情報を発信できるようこころがけております。
アンティグランデは販売・買取をいたしております。お時計のご購入や売却をご検討でしたらぜひご相談ください。

加藤 浩二について
査定はこちら
  • お電話はお気軽に!
    電話番号:0120-55-1430
  • WEB受付は24時間いつでもOK
    WEB査定WEB査定
買取スタッフ
お気軽にお問合せ下さい